中学受験の重圧

中学受験の重圧

中学受験をする生徒はまだそんなに多くはなく、多くの小学生はその地域の公立中学校へ進学する場合が通常です。
しかし、中には中学受験を意識している生徒もいます。そのような生徒は、毎日学校が終わり次第塾へ通ったり、家庭教師を頼んだりして受験に備えていることでしょう。もちろん、帰宅してからも予習復習もあります。

学校から出される宿題だけでなく、塾や家庭教師から出される課題がある場合もあります。友達と遊ぶ時間もないくらい勉強に追われる日々かもしれませんが、それは、かわいいわが子に将来立派になって良い企業に就職してほしいという親の願いも込められているのです。

ですが、急いで下校をし、志望校合格にむけてひたすら勉強をするなか、中学受験をしない同級生が楽しそうに遊んでいたら相当なストレスを感じます。小学校6年というまだ幼い子供には大きな我慢がともなってきます。それでも親の期待に応えようと頑張って勉強をしてしまうのです。

中学受験という重いプレッシャーとストレスに毎日我慢を続けていたら、体を壊してしまうといったリスクが出てくる可能性もあります。そのときに、両親がしっかりサポートをしてそのストレスを軽減することが大切です。
志望校合格を人生のゴールにしてはいけません。
お子さんだけに頑張らせるのではなく、受験をどう乗り越えていくのか一緒に悩み考えてあげることも大事です。

お知らせ