中学受験シンドローム

中学受験を始めると、多くの親御さんが張り切りすぎて「中学受験シンドローム」というものに陥る場合があります。これは、中学受験を意識しすぎて、受験を生活の軸にして回らせてしまうということです。

もしこの受験に失敗してしまったらと考えると、やたらと教育熱心になってしまうのです。
入試が近づくにつれてこういう親御さんが増えるようですが勘違いしてはいけません。中学受験に失敗したからといって、そのあとの人生が真っ暗なんてことがあるはずはありません。

志望校合格が人生のゴールではないのです。人生の1通過点でしかありません。こんな状態で生活を続けていれば、親御さんやお子さん自身も精神や身体を壊すことになりかねません。
むしろ、不合格になって挫折を味わうことは、この長い人生にとって必要な経験なのではという考えもあります。
思いがけないことはこれからもたくさん起きる場合もあります。

入試には「まさか」がつきものです。どんなに勉強を続け、努力を重ねても、入試当日に体調を崩し今までの成果が出なかったなんてありそうな話しです。
入れればどこでもいい、受かったらラッキーくらいの気持ちでいたほうが案外すんなり合格できたりするものです。キレイモキャンペーン