誰のための中学受験

中学受験は子供のためのものですが、どうやら保護者の方のほうが熱くなるパターンが多いようです。
自分の子供を有名私立中学に通わせたいと考え、そのために、経歴に華を添えるために中学受験をするように子供に勧める可能性もあります。親は、将来立派になってもらいたいと強く思うがために教育熱心になります。

もし不合格になってしまったらお先真っ暗だなんて考えてしまう保護者もいるようです。しかし、志望校に落ちたからといってそんな事態になることありません。
中学受験なんてこの長い人生の通過点にすぎません。
もし落ちたとしても、その挫折を踏み台にして更に強く生きていくものだと思うのです。

あまり行き過ぎて、学校終わりに遊ぶことも許さず塾や自宅で勉強を強要させる家も少なくはないでしょう。
まだ小学校6年という遊びたい盛りの歳に遊びを制限させ勉強漬けにさせるのは心身ともに良いことではありません。
出された課題を深夜までこなし、眠い目をこすりながら学校へ行った場合、眠い頭で勉強をしてもなかなか内容は入って来ず効率も悪いでしょう。

子供は親の期待に応えたいと頑張ってしまいます。
あまり気張らず子供には無理をさせないで、中学受験に受かったら儲かりものだくらいの気持ちで挑んだほうが色々とうまくいくでしょう。愛媛県行ってみない?